トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS

C/C++開発環境

Last-modified: 2016-10-20 (木) 19:20:44
Top / C/C++開発環境

EclipseにC言語の開発環境を導入する

コンパイラ

  • MinGW - Minimalist GNU for Windows から、All Files > Automated MinGW Installer > MinGW 5.1.4 > MinGW-5.1.4.exe をダウンロード(2009/09/08現在)
    • ファイル名が mingw-get-inst-20101030.exe に変更されていた(2010/12/24現在)
  • インストール
    • 全部「OK」「Next」で良い、Cドライブ直下にインストールされる
    • インストールファイルと同じフォルダにできたZIPも解凍して、MinGWインストールフォルダに上書きしておく。
      • C++コンパイラg++やmakeコマンドはこれをしないと使えるようにならない。
  • 確認
    • コマンドプロンプトで「C:\MinGW/bin/gcc」と入れて動けばOK
      gcc_1.jpg
  • パスを通す
    • コンパネの「システム」>「詳細」>「環境変数」で、以下のように設定
      gcc_2.jpg
    • gccコマンドを直打ちで実行できるようになれば、OK
      gcc_3.jpg

HelloWorldをやってみる

  • ファイルを作る
    • HelloWorld.c
       #include <stdio.h>
       main(){
           printf("Hello World!\n");
       }
  • 最後の行は改行しないと警告が出る。
  • コンパイル
    > gcc HelloWorld.c
    • a.exe ができる。
      > a.exe
      Hello World!
  • 出力ファイルの名前を指定してコンパイル
    > gcc -o output HelloWorld.c
    > output.exe
    Hello World!

makeコマンドの確認

  • MinGWでは、mingw32-make.exe が make の実行ファイル。
  • コマンドプロンプトで、
    > mingw32-make
    • これでエラーが出たら、ming32-make.exe が入っていないので、ここ からダウンロードして、C:\MinGW フォルダに上書き保存する。
  • makefileを作る
    • makefile
      HelloWorld: HelloWorld.c
      	gcc -o HelloWorld HelloWorld.c
    • 実行
      > ls
      HelloWorld.c makefile
      > mingw32-make
      gcc -o HelloWorld helloWorld.c
      > HelloWorld.exe
      Hello World!
  • もっと詳細に記述する
    • makefile
      HelloWorld: HelloWorld.c
      	gcc -o HelloWorld HelloWorld.c
      all :
      	${MAKE} HelloWorld
      .PHONY : clean
      clean :
      	@rm -rf *.exe
    • 注:一般的には、cの実行ファイルには拡張子をつけない(ほかのプログラムから参照するときは.oとする)。clean には全てのファイルの名前を直に書く。
    • 全てのファイルをコンパイルしたいとき
      > mingw32-make all
    • 全ての実行ファイルを削除したいとき
      > mingw32-make clean

Eclipse

  • インストール
    • Eclipseを参考に、C/C++プラグイン(CDTプラグイン)にチェックを入れてインストール
  • 「ファイル」>「新規」>「スタンダード Make C プロジェクト」>プロジェクト名を適当に入れて「実行」
  • 左のウインドウに新しいプロジェクトができるので、プロジェクト名を右クリック>「プロパティー」>「Make ビルダー」タブを表示する
    • 「ビルド・コマンド」の「デフォルトを使用」のチェックをはずす
    • ビルド・コマンドを以下のように設定(参考
      gcc_4.jpg
  • HelloWorld.c を作る
    • プロジェクト名を右クリック>「新規」>「ソース・ファイル」>ソース・ファイルのところに「HelloWorld.c」と書いて「終了」
    • プログラムを書く
      gcc_5.jpg
  • makefile を作る
    • プロジェクト名を右クリック>「新規」>「ファイル」>ファイル名のところに「makefile」と書いて「終了」
    • ファイルを作る(参考
      gcc_6.jpg
      • makefile
        HelloWorld: HelloWorld.c
        	gcc -o HelloWorld HelloWorld.c
        all :
        	${MAKE} HelloWorld
        .PHONY : clean
        clean :
        	@rm -rf *.exe
      • 「all : (改行)(タブ)${MAKE} HelloWorld」の行がないと、Eclipseでプログラムに変更を加えても更新が反映されません。
  • コンパイル
    • プロジェクト名を右クリック>「プロジェクトの再ビルド」
      gcc_7.jpg
    • コンパイルに成功したら、exeファイルと「バイナリー」ができる。
    • HelloWorld.exeを右クリックして、「実行」>「ローカルC/C++アプリケーション実行」
      • 最初の一回はデバッガーを聞かれるけど、適当でOK
    • 実行できた!
      gcc_8.jpg
  • プログラムを修正したら、「ファイル」>「保管」で保存した後、プロジェクト名を右クリック>「プロジェクトの再ビルド」をして、exeを実行する。

Linux(Debian GNU/Linux 6.0)にCコンパイラをインストール

  • インテルコンパイラは公開停止。ここを参考に別のコンパイラをインストール。
    sudo apt-get install dpkg-dev gcc g++ libc6-dev make patch
    • うまくいった。
    • なお、Debian GNU/Linux 4.0 では以下のエラーが出てインストールに失敗する。
      libc6 (< 2.10) しかし、2.7-18lenny6 はインストールされようとしています

添付ファイル: filegcc_8.jpg 739件 [詳細] filegcc_7.jpg 726件 [詳細] filegcc_6.jpg 654件 [詳細] filegcc_5.jpg 748件 [詳細] filegcc_4.jpg 732件 [詳細] filegcc_3.jpg 684件 [詳細] filegcc_2.jpg 712件 [詳細] filegcc_1.jpg 793件 [詳細]