トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS

MATLAB Note/グラフ

Last-modified: 2010-07-17 (土) 03:35:00
Top / MATLAB Note / グラフ

2次元グラフ

  • 以下の配列A*1を使って説明します。
    >> A = [16 3 2 13 5 10 11 8; 9 6 7 12 4 15 14 1]
       A =
          16     3     2    13     5    10    11     8
           9     6     7    12     4    15    14     1
  • プロット1
    >> plot(A)
    plot1.jpg
  • プロット2
    >> plot(A')
    plot2.jpg
  • プロット3
    >> plot(A(1,:),A(2,:),'o')
    plot3.jpg
  • プロット3-1 以下の配列Bといっしょにプロット
    >> B = [1 14 15 4 12 7 6 9; 16 3 2 13 5 10 11 8]
       B =
           1    14    15     4    12     7     6     9
          16     3     2    13     5    10    11     8
    >> h = plot(A(1,:),A(2,:),'o',B(1,:),B(2,:),'.');
    >> legend(h, 'A', 'B');
    plot3_1.jpg

色を指定する

3次元グラフ

  • 以下の配列A,B,Cを使って説明します。
    >> A = [1 2 3; 1 2 3; 1 2 3]
       A =
            1     2     3
            1     2     3
            1     2     3
    >> B = [1 1 1; 2 2 2; 3 3 3]
       B =
            1     1     1
            2     2     2
            3     3     3
    >> C = [0 0 0; 1 1 1; 0 0 0]
       C =
            0     0     0
            1     1     1
            0     0     0
  • 3次元サーフェスでプロット
    set(gcf,'position',[230 259 560 420]);
    surf(A,B,C,'FaceColor','interp','EdgeColor','none');
    xlabel('A'), ylabel('B'), zlabel('C'), title('3D-plot');
    axis tight;
    camlight left;
    plot3d.jpg

ヒストグラム

  • 1次元データの分析
    • 関数HISTを使います。以下はヘルプから転載です。
    • N = HIST(Y) は、10 個の等間隔のコンテナに Y の要素を分類し、各コンテナの要素数を出力します。Y が行列の場合、HIST は列に対して機能します。N = HIST(Y,M) は、M がスカラの場合、M 個のビンを使います。
    • 例えば、
      >> A = [1 1 2 3 5 6 7 8 9]
      これを1~3, 4~6, 7~9のヒストグラムにしたいとき、
      >> N = hist(A,3)  %変数Aの中身をM個のビンで分ける
         N =
             4     2     3
      1~3に4個、4~6に2個、7~9に3個の値があることを示しています。 また、
      >> hist(A,3)
      とすることで、ヒストグラムをプロットします。
  • 2次元データの分析
    • 平均値の異なる2つの2次元正規分布の値をプロットして、3次元ヒストグラムで表示する
      %平均値の異なる2つの2次元正規分布の値をプロット
      A = randn(1000,1000) + 4;
      B = randn(1000,1000) + 6;
      plot(A(1,:),A(2,:),'.',B(1,:),B(2,:),'x'); legend('A', 'B');
      data = [A ; B];     %全データをまとめる
      
      %3次元ヒストグラムを作成
      % 分析するセルの範囲を定義
      xl = 0.5; maxX = 10; %x軸のセルの幅は0.5、最大値は10
      yl = 0.5; maxY = 10; %y軸のセルの幅は0.5、最大値は10
      % 各セルの中に値が何個入っているかを調べる
      frequency = zeros( (maxX/xl)+1, (maxY/yl)+1 );
      labelX = zeros((maxX/xl)+1, 1); labelY = zeros((maxY/yl)+1, 1);
      countY = 0; countX = 0;
      for i2 = 0:yl:(maxY-1)       %FOR文 0~(maxY-1)までylおきに処理
          countY = countY + 1;
          for i1 = 0:xl:maxX       %FOR文 0~maxXまでxlおきに処理
              countX = countX + 1;
              hitData = find( (data(:,1)>(i1)) & (data(:,1)<=(i1+xl)) & ...  
                (data(:,2)>(i2)) & (data(:,2)<=(i2+yl)) );
              hitDataSize = size(hitData);
              frequency(countX, countY) = hitDataSize(1);
              labelX(countX) = i1; %座標ラベル
          end
          labelY(countY) = i2;     %座標ラベル
          countX = 0;
      end
      % 3次元サーフェスでヒストグラムをプロット
      figure(2), set(gcf,'position',[230 259 560 420])
      surf(labelY, labelX, frequency, ...
        'FaceColor', 'interp', 'EdgeColor', 'none', 'FaceLighting', 'phong');
      xlabel('A'); ylabel('B'); zlabel('頻度 (回)'); title('頻度分布');
      axis tight; camlight left;
      • 実行結果は以下のようになります。
        hist1.jpg
matlab_graph01.png
  • ヒストグラムのスケールを決めるには、上に続けて、
    scale = [0 1 2 3 4 5];
    hist(randN, scale)
matlab_graph02.png
  • その他
    • HISTFIT 正規確率密度を重ね合わせたヒストグラム 参考

RGB値を指定したプロット


*1 行列と魔方陣より引用

添付ファイル: filecolorplot_2.png 1202件 [詳細] filecolorplot_2.m 1103件 [詳細] filecolorplot_1.png 1159件 [詳細] filecolorplot_1.m 1400件 [詳細] filematlab_graph02.png 1115件 [詳細] filematlab_graph01.png 1117件 [詳細]